診療・検査機器紹介

当院は、最新機器を備えた地域密着のクリニックを目指しております。
当院で使用している診療・検査機器を一部、ご紹介します。

検査機器

患者様の負担軽減・病気の早期発見のために、最新の機器を設置しています。

経鼻内視鏡

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

1.苦痛が少ない
内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

2.吐き気が起きにくい
内視鏡が舌の付け根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

3.検査中に会話ができる
検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話ができるので安心です。(胃の内視鏡検査は口からだけでなく鼻からも行えます)

マルチスライスCT

当院は最新のマルチスライスCTを設置しております。

この検査は従来よりも広範囲を短時間で撮影でき、『頭部疾患』及び、『肺野』、『腹部』の検査に大変有効です。

X線テレビ撮影装置

当院は最新式のデジタルX線撮影装置を設置しております。

この装置は従来よりも少ないX線で的確な検査が行え、またデジタル画像処理により早期ガンの発見に有効です。

超音波画像診断装置

当院は最新の超音波診断装置を設置しております。

この装置は、体内の様々な臓器の形態や、血流をカラー表示する事により、疾患の早期発見に貢献します。

カルテ・モニタ等診療機器

患者様の待ち時間を短縮し、お話する時間を増やすため、また、迅速な診察を行うために診療のシステム化を図っています。

FCR CAPSULA-2 & CR Console MINI

CR装置は、X線撮影画像(一般撮影)の画像をデジタル化するものです。

X線画像のデジタル化により、診療待ち時間の短縮が可能です。(撮影後、高速画像表示により、診断時間を短縮します。)

ハイビジョン電子カルテシステム「東芝 TRINITY」

当院は、電子カルテ導入により、院内のシステム化を図っています。

カルテ入力時間を大幅に短縮できるため、患者さんの待ち時間を減らし、お話する時間を増やせます。院内の各種検査機器と双方向にデータ通信可能です。

ベッドサイドモニタPVM-2701

内視鏡検査や処置などは、心電図・血圧・酸素飽和度などをモニタリングしながら安全に行います。

リハビリ機器

診断・治療後の機能回復のため、各種リハビリ機器を取り揃えています。

各種リハビリ機器

その他の診療・検査機器

心電計ECG-1250

手足4個と胸に6個の電極を付け、心臓の活動を記録します。
主に心疾患の診断や治療に役立ちます。

心電図表示ソフトウェアQP-170D

心電図検査終了後、波形を見ながら説明を受けることができます。

血球計数器MEK-6420

赤血球・白血球・血小板など血液を構成する成分を調べる基本的な検査です。

免疫反応測定装置CRP-3100

院内で検査が行えるため、結果も迅速にお伝えすることができます。

自動体外式除細動器AED-2100

心室細動の際に、心電図を自動解析し、必要に応じて電気的ショックを与えます。

自動血圧計MPV-5400

待合室には、血圧計があります。日々の健康管理にお役立て下さい。

ページの先頭へ